2020年01月12日

【クラロワ】:いちクラロワファンが8000最強決定戦開催で気付いた「ノリ」の大切さ

ども、ネコギシです(=・ω・=)にゃ~

タイトルにあるが、ドズルさんのクラロワ8000最強決定戦が開催される。

◆◆◆◆◆◆クラロワ8000最強決定戦とは◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(1)基本的な情報をまとめたkabutomさん → 記事

(2)開催までの経緯をまとめた謎部えむさん → 記事

(3)この企画のエモいポイントをまとめたPontaさん → 記事
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この3つの記事を読んでくれれば、

この企画がどれだけ凄い事なのかは分かると思う。

なので、自分はこの企画を楽しみにしている1ファンの思うところを書いていく。

●企画に対しての自分の今の想い

今は、純粋にクラロワ界隈にいる1人として、ものすごく楽しみにしている。
ワクワクが止まらねぇわけですよ。
こんなよく分からん経緯で、もはや公式よりも規模でかいんじゃね?
とも思える規模になってきたもはや「祭り」だもんね、楽しみでしかない。

それならお前も協賛したんだろ?と言われると、してないんですけどね(笑)
言い訳じみてるかもしれないけど、協賛するだけがファンが出来る事じゃないし、
協賛すると賞金にしかならないようなので、
それは、自分はやるべき事じゃねぇなと思って。

いちファンとして出来ることをやろう、と。
それは、
この企画を拡散しつつ、同時接続の1人として生配信を見て、楽しむこと。
これが一番だと思う。

企画をして、協賛が大きくなっても、だれも見なかったのでは意味はない。
限られた人だけが見たところで、コンテンツとしては成り立たない。
ファンならば、生配信を毎日楽しみにしつつ、22:00の時間にその生配信を見る。
それがファンとして出来る事だ。
まぁ、そんな事はみんな分かってるだろうけど(笑)

それと自分としては、Pontaさんが「赤字だ!赤字だ!」と騒いでいるので、
配信日にスパチャして、ドズル社の大会運営費の足しにしてほしいと思っている。

●「今は」と書いた理由

正直、初めは、何だかよく分からない怖さみたいなものを少し感じてた(笑)

自分は、ドズルさんのきっかけのツイートを見て、
「お、ドズルさんがまた面白そうな事を考えてるな(笑)」
と思っていたが、参加者が増え、協賛金が増え、規模が大きくなるのに連れて、
怖さというか、疑問というか、何だろうか。
言葉に出来ないモヤモヤみたいなのが生まれて。
ワクワクする気持ちの中に、モヤモヤする気持ちがあって、
「決して否定したいわけじゃないんだけどな、なんだろうな」と疑問に思っていた。

なので、自分が思いつく限りではあるが、
この大会のネガティブなポイントを書いてみた。

・「8000最強決定戦」なんて、12月のロングシーズン開始前から、
 開催する事を告知しておくべきだったのでは?
・こういうのは公式の大会としてやるべきでは?
・賞金を出すならば、プロだけを対象にすべきでは?
・協賛金増やして、未成年が賞金をもらった時は税対応とか大丈夫なのか?
・そもそも協賛を受けるべきじゃなかったのでは?
・もっと長期的な計画で、開催した方が面白くなるのでは?
・本当にこんな非公式な大会が世間的に認められるのか?

とまぁ、書いてみたところで気付いた。

こんなノリで始まって、
ノリで規模が大きくなっていくような大会(企画)は、
常識的に考えて、あり得ないんじゃないのか?

っていうのが自分の気持ちにあったのかなと。

この「常識的」っていうのは、要は既成概念、固定観念みたいなもので、
新しい価値観や考え方や物事を受け入れられていないんじゃないのか?
要は、それって、ただの老害と変わらないのではないか?

自分が思う老害ってのは、老い・若いではなく、
新しい価値観や考え方や物事を受け入れられず、
既成概念や固定観念に縛られて、変化や成長を拒否している人のこと。

自分もそんな老害の考え方があったのかな、と反省した。
だってさ、それってものすごくつまらない事じゃないか。

●自分が気付いた「ノリ」の大切さ

これは自分が思っていることになるが、
そもそも、ドズルさんは、8000に到達した日本人プレイヤーが、
思っていた以上に多かった事もあった上で、
「この中で最強って誰なの?1番決めたくね?
 っていうか、この人たちだけで大会とか試合したらすげぇの見れるんじゃね?」
くらいの軽いノリが発端で、
自分がさっき書いたネガティブポイントなんて1ミリも考えてなかったと思うし、
色んな問題点は開催が決まった後に考えればいいんじゃね?
という感じだったと思う。

多くの協賛のキッカケにもなった、けんつめしさんも謙虚なツイートはしてるが、
「クラロワにおいて面白そうな企画に俺がいないのはマズイ!
 俺もそこにいさせてくださいよ!ドズさん!」
っていうノリで協賛したんじゃないだろうか(想像だけど)

そして、おそらくだが、今協賛している人たちのほとんども、
「面白そうじゃん、俺にも出させてよ」
っていう軽いノリなんじゃないだろうか。

誰もクラロワやesports界隈を盛り上げたいとか、
この企画を伝説にしたいとか思ってるわけじゃなくて(中にはいるだろうけど)、
「面白そうじゃね?」というドズルさんのノリに乗っかっただけなんだろうなと思う。

●そして、伝説へ・・・

「ノリ」が結果的に伝説を生むことになるのだ、と改めて感じた今回の企画。

そう自分は、このイベント、いや「祭り」は伝説になると思っている。
クラロワというゲームにおける、
いや、ゲーム界隈における新たな伝説となるであろう、8000最強決定戦。

もう難しい事なんて考えず、
いちクラロワファンとして余すことなく楽しむつもりだ。

というわけで、kabutomさんの記事で参加選手を勉強してきます。
(まだ全部見きれてない(笑))

では、今回はこの辺で。


posted by ネコギシ at 19:02| Comment(0) | クラロワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

ゲーム利用時間制限の条例は「現代社会に対する老害達のせめてもの抵抗」

ども、ネコギシです(=・ω・=)にゃ~

久々にブログ書きます。

というのも、とんでもない県条例が制定されるかもしれないというニュースを見ました。

こちら→県条例素案にゲーム利用時間制限 

この記事内容に対して、

ネット上や自分のTwitterのタイムライン上では批判・否定ばかりの大炎上。

自分ももちろん否定です。

まぁまぁまぁ、まずは、その内容を要約してみる。

***********************************************
●香川県の県議会が制定を目指している条例要約

・対象:高校生以下の子供達

・内容:①ゲームなどの利用時間を平日60分、休日90分に制限
    ②夜間の利用は、高校生は夜10時以降、
     小学生・幼児を含む、中学生以下の子供は夜9時以降は制限する
    ③罰則規定は無いが、子供たちにその制限を守らせる事を
     保護者や学校の「責務」として明記する

・理由:ゲーム・ネットの依存症対策のため
***********************************************

アホか(笑)

ビックリな事に、これが香川県の県議会でまじめに議論されていて、

本会議で可決されたら、香川県の県条例として制定される。

ツッコミどころなんて、山ほどあるからツッコんでいこう。

・そもそも、ゲーム・ネットの利用時間を制限するのはなぜ?

 おそらく、WHO(世界保健機関)が「ゲーム依存」を疾病扱いにしたことがキッカケと思われる。
 WHOが疾病認定した内容っていうのは、こんな感じ→WIKI
 要は、何よりもゲームを優先してしまう症状が出ている状態のこと。
 いやいや、これって、親や周りの人たち、要は個人レベルで考える事であって、
 条例というか、地域や組織のルールの中に盛り込む内容ではないでしょう。
 アルコールの依存症はあっても、飲酒を禁止する法律はないでしょう?
 ゲームやネットなんて、個人の自由であるものを、
 なぜ条例で時間制限されなければならないのか疑問。
 
・子供達を対象にする理由は?

 子供達がゲーム依存になってしまうのを恐れている、と仮定してみる。
 であれば、それは条例、法律で制限する事ではなく、親や保護者などの周りの大人たちが、
 子供達とコミュニケーションを取り、そうならないように取り組んでいくべきではないか。
 現代社会の家庭では親子のコミュニケーションをとるのが難しい、というのであれば、
 その親や保護者たちの労働環境や生活環境が改善されるように法律や条例を設けたり、
 子供達が外で遊んだり、ゲーム以外の事に夢中になれるような地域の取り組みをしていく方が、
 よほど健全では無いのか?

・60分、90分の時間制限の具体的な理由は?

 この時間設定って何なんだろう?(笑)
 どこかの研究結果から持ってきた時間設定なのか?そのエビデンスもないようですが。
 自分が子供の頃に高橋名人が言っていた「ゲームは1日1時間」を基準にしているのか?
 じゃあ、仮にその時間制限を守ったとしよう。
 子供達はゲーム・ネットが出来ないとなった状況で、何をするのか?
 他の事で遊ぼうとしても、今や公園では色んな事が禁止されてしまっている。
 どこかに行こうにも保護者同伴が必要。しかし、その保護者である親は仕事で忙しいからいけない。
 塾や習い事に通うのか?それも、家庭によりけりだ。
 仕方なく家で遊ぶとなっても、遊ぶにも親は忙しく、家にいなかったり、家事で大変だ。
 友達と集まっても、ゲームは出来ない。ネットも出来ない。
 アナログのゲームをするのか?それでは、あまり意味はないのではないか?
 そもそも、子供たちはゲームをしなければ勉強に向かうのか?それは「NO」だろう。

・罰則規定が無いルールに意味があるのか?

 罰則規定も無く、保護者や学校に「責務」を負わせる、というのも意味が分からない。
 「責務」とは(笑)
 そして、新たに「責務」を負わされ、罰則規定もないルールを守るべく、
 保護者や学校が何かしらの対応をしなければならなくなり、
 時間、費用、労力を無駄に費やす事になるのではないか?

・どうやって利用時間を制限させる?

 ねぇ?どうやるのよ(笑)
 ゲームを60分までと決めたとして、どうやって時間管理するの?
 プレイはしてません、ただゲームのアプリ立ち上げていただけですって言われたらどうする?
 プレイログまで管理して、制限するの?
 親のPCやスマホを使って遊んでいたら、
 何をもって子供が利用していたという証明をするの? 
 ネットだって、大人たちがネットをつないでいるテレビで一緒に動画を見ていたら、
 それも利用時間に入るの?
 SNSの利用もネットを利用する事になるけど、どういう風に制限するの?
 まさか、そういう具体策もなく、ルールだけ作ろうとしているのか?
 法律や条例っていうのはそうやって作られているものなのか?

で、ここからは自分の思う事になるが。

・ゲームやネットは悪い事というイメージを持たせたいのか?

 ゲームに限らず、その物事自体が悪いということはほぼ無いというのが私の持論。
 ギャンブルも、金や利権が絡むなど、人間の「感情」が入るから悪いイメージになるが、
 その物事のほとんどはただのゲームや競技である。
 パチンコ・パチスロも金が絡まなければただの玉弾きゲーム、コインゲームだし、
 競馬や競輪だって、一番早いのはどの馬か、誰かを競う競技だ。
 インターネットにおいても、今やIoTとして家電がインターネットに接続されている時代だ。
 これから、ますますその波は大きくなり、5Gの時代を迎えたら、
 劇的に社会が変わっていく、とも言われている。
 テクノロジーはこれからどんどん進化していくのに、
 そのテクノロジーの根幹でもあるインターネットを制限するのは、
 子供達に、現代社会に適応しないようにさせようという事ではないか。

・そもそも子供たちはなぜゲームするのか知ってるのか?

 そもそも、子供達がゲームをする理由はなんだろう?
 色々な理由はあると思う。
 一緒にゲームしているプレイヤー同士でコミュニケーションを取って、
 同じ趣味を持つ人間関係を構築する事も出来るし、
 今や、ゲームはesportsとなり、プロゲーマーを職業として目指す子供達も増えているが、
 自分は「褒めてくれる」というのが大きいと思っている。

 ゲーム内のキャラクターのセリフ、演出、表示される文字は、
 ボスを倒したり、クリアしたり、誰かを助けたりしたら、プレイヤーを褒めてくれる。
 だが、現実に身近にいる周りの大人たちは、
 もっと頑張れ、もっと出来ると励ましこそすれ、褒める事が圧倒的に少ない。
 子供達が頑張っても、これくらいで褒めてはいけないと思って、
 褒めない大人が日本だと特に多いと思う。
 子供たちは褒められたい。
 だから、身近にある物で自分を褒めてくれるゲームというコンテンツを、
 選んでいるのではないかと思う。
 逆を言えば、しっかり子供達を褒めてあげればいい、と思う。
 勉強に限らず、習い事でも、学校でやった事でも、友達とやった事でも、
 褒めてあげれば子供達は夢中になれる事はゲーム以外にもたくさんあると思う。
 現に、ゲームに興味がない子供達もいるはずだ。
 これを読んでくれた方も、誰かに褒めてもらったら嬉しい気持ちになる人の方が多いだろうし、
 褒めてもらえた事が何かをする理由にもなっているのではないか。
 
と色々書いてきたが、とどのつまり、この条例を自分は、

現代社会に対する老害達のせめてもの抵抗、だと思っている。

新しい物事や価値観を受け入れられない老害達は、

子供を含む若い人達が夢中になっている事が理解できていないし、理解しようともしない。

老害達は自己保身しか考えられないから、よくわからないけど体のいい大義名分を使う。

WHOという世界的な組織がゲームを否定するような認定をした事で、

それを自分たちに都合がいいように利用して、

老害達が理解できない「ゲームやネット」に夢中になる子供達を減らそうという抵抗、だと思う。

この条例は変化に対応できず、根本的な問題を解決しようとしない老害達が、

未来ある子供達の成長や変化を制限しようとしている、
としか思えない。

老害達が考えられない成長や変化をされてしまうと、自分たちの手に負えなくなってしまい、

自分達の立場、地位や権力が危うくなってしまうからだ。

本当に、くそくらえ!だと思う。

ということで、労働時間は8時間まで、という法律すら守れないこの国で、

こんな条例が成功するとは到底思えないですね。

では、今回はこの辺で。
posted by ネコギシ at 21:00| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

クラロワ79:久々更新はアプデ速報感想!

ども。ネコギシです(「ΦωΦ)「

お久しぶりの更新です(^^;)

近々アプデが入るということで、その内容の感想を書いていきたいと思います。
ちなみに、これを書いている時点では、まだアプデの日時は分かっていません。
おそらく、今週中くらい(4/20まで?)には来るんじゃないでしょうかね?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
■お品書き
1.トロフィーロード追加&トロフィー帯変更
2.新カード「アースクエイク」
3.新ゲームモードの実装
4.アプデ情報動画リンク集
5.その他&あとがき
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


――――――――――――――――
1.トロフィーロード追加&トロフィー帯変更
――――――――――――――――


 「トロフィーロード」というのが追加されます。

 一定数のトロフィーになった段階で、
 その報酬として宝箱やカードなどをゲットできます。
 ブロスタみたいなやつですね。

 50刻み、100刻みなどでもらえるので、
 目標設定にも使えるかと思います。
 
 トロフィーロードの報酬は、
 実装時点で、自分がいるトロフィーまでの報酬を全てもらえるそうなので、
 特に無課金の方に、今までより優しくなると思いますし、
 復帰する方もいるかもしれません。
 
 また、5000以上のトロフィー帯が変わるそうで、
 天界は、7000以上に変わります(^^;)
 こりゃまた大変だなぁ・・・。

 これからクラロワを始める人にとって、
 トロフィーロードはいいですよね(^^)

 古参プレイヤーにとっては報酬もらえるからOK的なヤツですが、
 悪い事はないですからね。
 
――――――――――――――――
2.新カード「アースクエイク」
――――――――――――――――


 次は、新カード「アースクエイク」です。

 3コストで、ポイズンのように1秒毎に範囲ダメージを与える呪文。
 範囲もポイズンと同じ範囲で、陸のみに効果があり、
 ダメージ判定は、タワー、陸ユニット、防衛施設。

 特に防衛施設に対しては、4倍のダメージが入るという事で、
 エリポンや小屋などの施設を破壊することを目的にしている呪文ですね。

 エリポンに対しては、置いてすぐにアースクエイクを使うと、
 1コスト生産して壊れるという感じなので、施設に対しては圧倒的ですね。

 また、ユニットへのダメージについては、1秒のダメージで、スケルトンも倒せないし、
 3秒全てのダメージでもプリンセスや吹き矢、アーチャーやアウトローガールも倒せませんが、
 スローダウンという遅延効果があります。

 おそらく、移動速度の遅延と思いますが、
 -35%という事なので、ラムライダーより効果は低いです。
 たしかラムライダーは-90%でしたかね?
 
 けんつめしさんが、自分の動画でも仰ってましたが、
 アースクエイクは協力バトルで使われるんじゃないですかね。
 クラロワリーグ前に実装しておこうという狙いなのかと思います。

 使い道で思い付くのは、ゴレやラヴァ、バルーン、ロイジャイなどのデッキに、
 アースクエイクを入れて、タワーに届けやすくするというのが基本でしょうか。
 
 ただ、そうなると施設ではなく、トルネード使えばいいやってなりますよね?

 個人的には迫撃好きなので、アースクエイクは勘弁してほしいですが、
 迫撃にアースクエイク打たれても、1~2発分くらいは残ってる感じなんですよね。
 それなら、ナイトとかでタゲ取るとかの方がいいんじゃないかと思うんだよなぁ。

 てか、アースクエイク流行ったら、施設なくなって、
 トルネ環境になるんじゃないか???
 もしくは、新たな施設系カードが検討されているのかな?

 今後の動向を見守っていきたいと思います。

――――――――――――――――
3.新ゲームモードの実装
――――――――――――――――


 なんか色々なチャレンジのモードが増えるみたいです。

 川の真ん中や橋にエリクサーが置いてあって、取ったり、
 エリクサーポンプ?みたいなのを壊すとエリクサーがその分増えたりするモードや、
 川の真ん中の施設を壊すと、味方としてドラゴンが出てくるモード。

 18枚種類でデッキを作るモードなどもあるみたいで、
 なんかすげぇな(^^;)って感じです。

 動画をちらっと見ただけですが、
 新しい要素としては楽しめるんじゃないかと思います。

 ・・・クラン戦の準備日とかにも、
 この新しいモードが入ってくるのかな・・・???
 と密かに思ってます。

 レイジバトルやトリプルエリクサーバトルが入るくらいだからな。
 てか、クラン戦の準備日はもう少しモードを
 増やしてもいいんじゃないかとは思いますね。

――――――――――――――――
4.アプデ情報動画リンク集
――――――――――――――――


 ●クラロワ公式の動画リンク(英語) → こちら

 ●ドズルさんの動画リンク → こちら

 ●きおきおさんの動画リンク → こちら

 ●けんつめしさんの動画リンク → こちら

――――――――――――――――
5.その他&あとがき
――――――――――――――――


 その他、スターレベルのスキンが追加されたり、
 カードのデザインが変わったりするみたいですね。
 
 個人的には、ロケットのスターレベルは上げます(笑)
 ロケットにゴブリン乗ってるのが面白すぎる(笑)

 あと、低いアリーナでは負けた時の下がるトロフィーが少なくなるみたい。
 それと、一度上がったアリーナからは下がらなくなるらしい。
 「アリーナ」なので、レジェンドアリーナのリーグ(銅剣、金剣など)は違うでしょう。
 これは初心者に優しくなりますね(^^)

 などなど、色々ありますが、
 新規ユーザーの獲得、引退したユーザーの復帰などを狙ってるのかなという感じです。

 個人的に思うところを書くと、
 レジェンドアリーナ、4000までの難易度が今回のアプデで明らかに落ちますよね。
 レベルも上げやすくなるでしょうし、
 アリーナも落ちないっていうなら、なおさらです。
 
 なので、4000以上のユーザーへの対応も必要になると思います。

 4000~5000のトロ帯は、今ですら飽和状態だと思われるので、
 天界を7000以上にしたのもありますが、トロリセの基準が変わるとかの、
 トロフィーシステムの変更があるのかな、と思ってます。

 と、例によって、何ともまとまらない文章ですが、これにて。

では、今回はこの辺で。
posted by ネコギシ at 06:00| Comment(0) | クラロワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。