2020年03月13日

ゲームを制限するならば、じゃあどうする?

ども。ネコギシです(「ΦωΦ)「

しばらく振りの更新になってしまったが、
以前このブログでも書いた、香川県のゲーム規制について、
マジで条例案が提出されて、正式に条例になりそうな感じ。

いやはや、マジですか。

この条例の一番の被害者(という言葉をあえて使うけど)は、
大人たちの都合に振りまわれてる子供達と、
そのよく分からん条例に振り回される事になる親や保護者、
また、学校の先生たちよね。

子供たちは直接、条例の対象者になるわけだし、
親や保護者、学校の先生達は、
この条例を守るための対応をしなければならなって、
余計な手間や時間を取られる事になるんだろうな。

ちなみに、依存対策のための条例という事だけど、
依存対策というならば、親や保護者達、学校の先生たち、
ひいては、県の議員先生たちも含めて、
ゲームとは今どういう存在になっているのか、
どうなったら依存であり、どのようにしたら依存を防げるのか、
を条例ではなく、理解を深める場や機会を増やした方が良いのではないか。

それに、依存に対して時間規制は意味がないように思う。
ゲームの時間を規制しても、別の娯楽に時間を費やすようになるだけだし、
時間自体を管理できなければ歯止めがきかず、効果は薄いと思われる。

とまぁ、なんだかんだといっても、おそらく正式に条例となるのだろう。

それならば、子供のゲームプレイに制限をかけるならばどうするか、と考えてみた。

自分が考えてみたのはこんな感じだ。


(1)プレイできるタイトル本数を月毎に制限する
 ・月終わりに、次月やりたいタイトルを1タイトル選ぶ
 ・選んだタイトル以外はプレイ禁止
 ・どうしても他のタイトルをプレイしたい場合は1度だけ変更可だが、
  変更したら、変更前のタイトルはプレイ禁止
 ・変更する時は変更申請書に理由を書いて提出する
 ・変更権を行使した場合、次に変更権がもらえるのは変更した月の翌々月

 これだと、1本しか出来ないので集中するから、
 ただ漫然と色んなタイトルをかじってはやめる、というのはなくなる。
 変更する時は自分の意思での選択と決断が必要になるし、
 その自分の考えを伝えるための訓練にもなる。
 一応、書類での手続きを家庭内でやっておくと仕事や社会でのリハーサルにもなるけど、
 申請はメールとか電子書類とかでも問題なし。
 変更理由は年齢を重ねるにしたがって、
 より明確に書くようにさせると良い訓練になるのではないか。
 例:楽しくないから → プレイする事に面白さを感じないから

(2)プレイ後、タイトルの日記や作文を書く
 ・どのタイトルをプレイしても良いが、プレイしたら、
  そのプレイは何の目的で、何をして、結果はどうだったのか、
  それに対して自分はどう思ったのか?の日記をつける
 ・エンディングがあるゲームの場合はそのタイトルをクリア後に、
  プレイした感想文を書く

 日記に関しては以前、ネットで見かけたある家庭のルールだったと思うが、
 義務感を持つと、人間はやりたくなくなるのを逆手にとった方法で、
 これでそのある家庭の子供はゲームをしなくなったはず(笑)
 この方法なら、漫然とゲームをしなくなるし、動機や目的を明確にして行動できる。
 また、自分の考えをまとめたり、適切に伝えるための訓練にもなる。


といったルールを考えてみたけど、どうだろう。
これに平日1時間のルールが加わっても1時間のプレイ時間をどう使うか、
子供達は制限の中で、頭を働かせる事になると思うし、
ただ漫然とプレイするだけのゲームにはならなくなる。

漫然とプレイするだけであれば、時間を無駄にしている事になる。
無駄な時間にするよりも、質の高い時間になるようにした方が良い。

また、ゲームは癒しやストレス解消にもなるだろうからそれを目的にする事や、
人間関係のためのコミュニケーションを目的にする事も良いと思う。

要は、目的もなく、ただ漫然と時間を浪費しないようにする事が必要だ。
色々な方法はあるだろうから、時間の浪費にならないようにするにはどうするか、
と考えてみるのが良いと思う。

では、今回はこの辺で。


posted by ネコギシ at 23:10| Comment(2) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。